書評Punch!編集長日記

punch.exblog.jp
ブログトップ
2004年 09月 02日

シンポジウム「10年後の読者」

9月22日に行なわれる、インターネットと「読書」にかかわるシンポジウムで、
モデレーターをつとめることになったので、イベント告知をさせていただきます。

JAGAT技術フォーラム主催◆シンポジウム 
10年後の「読者」像
http://www.jagat.or.jp/story_memo_view.asp?StoryID=8180

開催日時 2004年9月22日(水)10:30~17:00 (受付は10:00より)
会 場  社団法人日本印刷技術協会 セミナールーム
(東京都杉並区和田1-29-11 TEL03-3384-3111)
主 催  社団法人日本印刷技術協会・技術フォーラム
定 員  80名
参加費  JAGAT会員:6,300円(税込み) 一般:10,500円(税込み)

詳細な式次第は未定ですが、「はてな」の近藤惇也さんをはじめ、
永江朗さん、東浩紀さん、元「まぐまぐ」の深水英一郎さん、
ウェブデザイナーの松岡裕典さん、「ホットワイアード」の江坂健さんなど、
「読書」と「出版」と「ネット」の交点にいる人たちを集めました。

2005年はインターネット上陸とWindows95からちょうど十年です。
では、2015年には私たちの「読書環境」はどうなっているのか。
みなさんと一緒に考えてみたいと思っています。

一般の参加費は1万円とかなり高いですが、これだけの人が一堂に会する機会は
とても珍しいので、ぜひこの告知を見て興味を持った方はいらしてください。
質疑応答の時間もたっぷり作りますので、ぜひつっこみのほうもお願いしたいです。

また、もし可能であれば、お知り合いやMLでの転送で十分ですので、
告知などに協力をしていただけるとありがたいです。
どうぞよろしくお願いします。
[PR]

by syohyo_punch | 2004-09-02 21:20


     図書新聞の書評特区 >>